高桐院
こうとういん
高桐院は細川幽斎の長子忠興三斎公により慶長6年(1601)建立の大徳寺塔頭の1つで開祖和尚は幽斎の弟です。三斎公は織田・豊臣・徳川3代に仕え、茶道でも利休の七哲の1人として有名(正室は細川ガラシャ=光秀の娘)。高桐院は庭園が素晴らしく表門前から参道までは特に素晴らしいです。

門前の庭。
参道からとても素晴らしいです。
左は高桐院境内、この道はお勧め右に回ると今宮神社。
急いで京都巡りの時にはお勧めな竹林。
四季折々味のある高桐院は門前から拝観手続きするまでは無料。そこ迄が凄く見もの。
墓所。 この縁側から美しい楓の庭園をみます。
高桐院とかかれています。
利休亭を移築 手水鉢 茶室
大徳寺〒603-8231京都市北区紫野大徳寺町73-1 電話075(492)0068 建勲神社前下車

画像上にマウスポインターを置くとガイドがでます。