マリオの旅日記へようこそ
2015.007.03
マリオの旅日記はこのたび多くのページを閉じる事に致しました。長い間ここにお越し頂いた方々に御礼申上げます。
6月いっぱいですべてを閉じるつもりでしたが、暫くの間こころ旅 ヨーロッパの街角と京都だけをお送りします。



京都には大小様々な美術館や博物館があります。
昨日は京都国立博物館平成知新館の特集陳列「日本の仮面」展ほかを見たくて、急に出かけました。1階の仏像を見ていた時から少し、臭いが気になり、幾つかの部屋を見てから、色々の形の仮面を興味深く見ていたら、我慢の限界・・、目が痛くなり、ムカムカしてきて、仕方なく続きを見られなくなりました。先日の京都市美術館のルーブル展でも不調になり、途中で室外に出て、友を待ちました。その前の国立近代美術館の北大路魯山人展は駆け足でしたので、大丈夫。時々、ご一緒する友人や家族は知っているので、不調になったら、外で待ちます・・。

梅雨の時期は湿度が高く、換気が悪いと症状が顕著にでます。特に新しい展示物の時は、殆どダメ。常設展示でもダメな美術館や博物館は今では全く行きませんと言うか行けません。
海外では全く症状がでないのに、とても残念です。借物展示等が多い時は呼吸器は勿論、目も消化器系もあっと言う間に不調になる。影響を与える複合の化学物質は何なのでしょう?これは美術館側でも把握しているようで、何ともいえません。続きの展示は短時間で何日後に分けて参観しようかと迷います。新しくできた美術館等は職員の方も感じておられる様です。

◎6月21日多くのページを閉じました。その内すべてのページを閉じる予定です。
お越し頂いた方々やリンク先で連絡がつかなかった方々には、御礼とお詫びを申し上げます。



Since 2001.09.01
当サイトの著作に関し、無断使用・転載・複製使用を禁じます。

All rights reserved.(c)mario-k 2001-2015